フライヤー印刷のランキング紹介サイト「フライヤ―印刷会社Guide」

どこが1番評判が良いかを見極めるには

thumbnailこちらのサイトはフライヤー印刷の会社のランキングを載せているところであり、比較サイトであり1番どこが良いのかということなどが詳しく分かります。 1番評判が良いサイトはどこなのかということがわかります。

やはりとても丁寧に紹介をしているところなので非常に見やすいですし、今1番どこが人気があるのかということなどを知っていくことができて良く特にこちらのものはやはり1番使いやすいものはどこなのかということが知りたいはずです。

とても見やすいサイトにしており、デザインこだわって作っています。こちらでしっかりと見ておきどこと比べてこちらがどうなのかという比較をしてじっくりと選んでおくと言うことが大事なことになってきます。確実に評判の良い商品を買っておくと買い物上手と言うことにもなりますし、しっかりと考えておくべきです。

プレス・トークダイレクト

公式サイトはこちら

プレス・トークダイレクトは、フライヤー印刷をはじめ、ハガキやチケット、パンフレットやしおりの印刷を受けている会社です。ここでは、多種多様なものの印刷を担当することで市場を拡大し、多くのニーズに応えています。

プレス・トークダイレクトの一番のウリは、フライヤーの少部数、短納期の注文を受けていることです。一般の方の同人イベントなどでは、業者ほど多くのフライヤーを必要とせず、かつ納期が近い場合が多いので、とても重宝されます。

またもちろん大量印刷も受け付けています。そしてこの場合は、格安でかつ高品質のフライヤーを印刷してもらえます。サイズも様々なものにしてもらうことが出来、企業にも一般人にも有用な業者です。

ラクスル

公式サイトはこちら

チラシの印刷でお困りの方に向けて、今注目を集めているラクスルを紹介します。ラクスルでは印刷から配布までワンストップでサービスを提供しており、面倒な手間をなくしてチラシやフライヤー印刷を行いたいと考えている方に最適です。

ネット上から簡単に注文、決済を行うことが可能なため日々忙しい方でも気軽に申し込みを行うことが出来ます。また印刷サンプルは無料で手に入れることが出来るため、仕上がり具合が気になる方でも安心して注文することが出来ます。

印刷から配布まで全てをワンストップで面倒ななく行ってくれるチラシ・フライヤー印刷業者をお探しの方はラクスルを利用しましょう。誰でも気軽に利用することが出来ます。

よみプリ

公式サイトはこちら

フライヤー印刷は普通の町の印刷屋に頼んでも、だいたいは引き受けてくれますす。ただ、全ての印刷や加工をするわけではなくて、納期やコスト、技術などの点を考えて、その時点で最も良いと思われる業者に外注しているだけのことです。

よみプリはインターネットがつながる環境であれば、簡単に申し込みが出来ます。データを入稿するのは24時間受け付けていて、データを確認して、チェック、印刷、最終確認、発送までの流れをスムーズにしてくれます。

印刷物もフライヤーだけでなく、小物やグッズなども受け付けていて、日曜、祝日の休業日以外はフリーダイヤルで問い合わせが出来ます。データで印刷することにより画像のキレや色の再現性などのクオリティが格段に向上します。

キングプリンターズ

公式サイトはこちら

キングプリンターズのフライヤー印刷、チラシ印刷は、一般的なフライヤーやチラシをはじめ、ガイドマップに適したポスターサイズの大判チラシ、紙の表面に透明のフィルムを圧着したPPフライヤー、丸い形にくりぬいた円形フライヤー、茶色いクラフト紙を使ったクラフトフライヤーなどをラインナップしています。

一般的なフライヤー印刷やチラシ印刷の他、ポスターサイズの大判チラシ、紙の表面に透明のフィルムを圧着したPPフライヤー、丸い形にくりぬいた円形フライヤー、茶色いクラフト紙を使ったクラフトフライヤーなど、キングプリンターズの商品カテゴリーにおいて「フライヤー・チラシ」「ポスター」に分類される印刷商品のデータ作成用テンプレートがあります。

紙の質感や手触り、厚さや色味を確かめるための「紙の見本帳」をはじめ、リアルな印刷物をイメージして作成された約30点におよぶ「商品サンプル」など、「印刷が初めて」という方をサポートするアイテムが詰め込まれています。

バンフーオンラインショップ

公式サイトはこちら

VANFUこと、バンフーオンラインショップは一風変わった名前に聞こえるかもしれません。正式な会社名は株式会社 帆風といい、昭和55年より創業している歴史のある印刷会社です。従業員数もグループ全体で平成29年には600余名というこの業界ではわりと大手といえます。

バンフーオンラインショップのサービスで特筆しておきたいのがフライヤー印刷です。なんとオンデマンドチラシ印刷の場合ならば最小ロットを10部から受け付けてくれているという太っ腹なサービスを展開しています。

またフライヤー印刷の場合、対応している紙のサイズはA7からA3まであり、紙の光沢や質なども各ラインナップからお好みに応じものを注文した翌日には出荷をしてくれます。急いでいる原稿でも入稿さえきちんと行えばしっかり綺麗な印刷物ができあがるという仕組みです。急いでキャンペーンを行いたい場合、或いは突然アイディアが浮かんだものをすぐに形にできるのがバンフーオンラインショップの特徴です。

プリントパック

公式サイトはこちら

プリントパックでは、インターネットから24時間いつでも注文することが出来ます。土日祝日も休まず営業しており、入稿窓口も深夜24時まで開いているので、様々な方が利用しやすくなっています。また、進捗状況をWebやメールで確認できるので安心です。

他社に比べて、フライヤー印刷やカラー印刷が圧倒的に安いというのも特徴の一つです。そして商品代金に関わらず、全ての商品が全国送料無料となっており、ポイントサービスも充実しています。他社に安い製品があっても、安心価格保証でさらにお安く印刷することが可能です。

全国7工場からの配送にすることで業界随一の設備環境を誇っています。また、24時間体制で生産し出荷しているので年間数百回ご利用される方も多数いらっしゃいます。また、時間指定や超特急サービスなども充実しているのでとても便利です。

フライヤー印刷のデザインの重要性とその効果

良くお店でイベントなどがある際、その広告のチラシを見たことがある人も多いかと思いますが、そのチラシがフライヤーです。フライヤー印刷をした物は、様々な広告をする際に役立ち、多くのお店で利用しています。このフライヤー印刷をする目的の一番は集客が狙いです。例えば自分のお店で何かイベントをするとしましょう。その際、何も宣伝しなければそれ程人が集まらないかもしれません。やはり人を集めるのであれば多くの人に知ってもらう為にも宣伝する必要があり、その宣伝に役立つのがこのフライヤー印刷です。そんなフライヤー印刷ですが、より集客する為に重要になってくるのがデザインではないでしょうか。せっかく宣伝するのですから、より宣伝の中身を分かりやすく、そして人の目を引く内容にしなければいけません。

その為、デザインの重要性をしっかり頭に入れ作成して行く事が大切です。中身が分かりにくい物であれば、あまり手に取りたいと思ってもらえない可能性があります。また、手にとっても何を伝えたいのか分かりにくければ、せっかくの宣伝効果が台無しです。そうなってしまわないようにする為にも、フライヤー印刷をする際はデザインをしっかり考えて行く事が大切です。まず第一に何を一番宣伝したいのか、重要な部分を考えていきます。それを元に全体的にどの様な中身にしたいのかを考えて行きましょう。また、イベントに使用するのか、店舗の紹介をしたいのかによっても中身が変わってくるので利用目的を明確にする事が大切です。その他にも用紙のサイズであったり折り方も重要になるのでしっかり検討しましょう。

このフライヤーが使われる場所としては、店頭に設置して持ち帰ってもらう為に使用すると言うところが多くあります。やはりそこで目を引くような物でなければなかなか手にとってもらう事が出来ないのでデザインがとても重要になります。見る人がつい手に取ってしまいたくなる様な明るい目立つデザインで、中身も分かりやすいフライヤーを作る事が大切です。その際、あまり用紙が大きすぎても邪魔になってしまう場合もあるので、なるべくコンパクトな物にしておくと良いでしょう。ただし、あまり小さすぎても手にとってもらえない場合もあるので、フライヤー印刷を設置する場所や、その中身によっても大きさを変化させる事が大切です。また、フライヤー印刷を作ってくれる業者も色々あり、それぞれデザインも異なるので、しっかり相談してみましょう。

カテゴリー