フライヤー印刷のランキング紹介サイト「フライヤ―印刷会社Guide」

ホーム > フライヤー印刷について > フライヤー印刷をする時の料金に関わる枚数とサイズ

フライヤー印刷をする時の料金に関わる枚数とサイズ

印刷物を外注する際には、費用は発生する事になります。
たいてい費用は、1枚いくらという金額体系になってきます。
一枚300円と設定されていた時は、100枚作成したい時には、3万円を印刷業者に支払う事になります。
フライヤー印刷も、それは同様です。
ただし印刷料金は、部数との反比例関係があるケースが殆どです。
例えば100枚作成したい時の料金は、1枚につき300円と設定されているとします。
ところが300枚を作成する時の料金は、それよりも安くなる事が多いです。
300円でなく、250円といった具合です。
更に500枚の印刷をする際には、230円といった具合に安くなる傾向があります。
またフライヤーのサイズも、価格に関わってきます。
基本的にはフライヤーのサイズが大きい方が、1枚あたりの価格も下がる傾向があります。
すなわち印刷料金は、枚数とサイズに左右される訳です。



なぜフライヤー印刷は場所がポイントになるか

印刷物を作成したい時には、しばしばスピードが求められます。
取引先との兼ね合いがあり、一刻も早く販促物を作りたいという事例は、大変多いです。
フライヤー印刷に対しても、スピードが求められる事はよくあります。
それゆえに印刷物を作りたい時には、地域が1つのポイントになってきます。
フライヤー印刷の業者が作ってくれた完成物は、何らかの手段で受け取る必要はあります。
基本的には郵送もしくはオフィス受け取りという2種類になりますが、前者の郵送はかなり時間がかかります。
オフィスまで遠ければ、受け取りまでに日数を要するからです。
それに対して印刷業者のオフィスが近くにあれば、比較的速やかに完成物を受け取ることができます。
ですからスピード重視でフライヤーを作りたい時には、具体的に業者のオフィスがどの辺りにあるかも、1つのポイントになる訳です。



フライヤー印刷を業者に任せるメリットと出来栄え

フライヤー印刷に関する料金を抑えたい時には、全て自力で作業を行うという選択肢があります。
確かに印刷業者に任せるという方法もあります。
しかし業者に任せた時には、印刷料金を支払う事になる訳です。
その費用を抑えたい時などは、かえって自力で作業を行う方が良い事もあります。
しかし自力の印刷には、デメリットもあります。
フライヤーを印刷したい時には、出来栄えも求められるからです。
印刷をする為には、専用の機器を使う必要があります。
しかし自分が保有している印刷機は、必ずしもフライヤーを作るのに向いていない事も多いです。
ですから、出来栄えが悪くなってしまう事も多々あります。
それに対して印刷業者が採用している機器は、総じて性能は優れています。
専用の機器だけに、完成物のクオリティーがかなりのレベルになる事も多いです。
したがって出来栄えを求めるなら、印刷業者に対する依頼が推奨されます。

次の記事へ

カテゴリー