フライヤー印刷のランキング紹介サイト「フライヤ―印刷会社Guide」

ホーム > フライヤー印刷について > フライヤー印刷が簡単に安く綺麗に仕上がる方法

フライヤー印刷が簡単に安く綺麗に仕上がる方法

フライヤー印刷をどのようにされてますか。
フライヤーは、一般的にA4未満で厚手の紙に印刷された、カバンに入れて持って帰ってもらう広告のことです。
飲食店や雑貨屋、サロンの宣伝で、レジ横によく置いてあるアレですね。
デザインがいいものが多くて、名刺サイズだったりして、お財布に入れて持ち帰ったりしますよね。
今家庭用プリンターでも綺麗に印刷ができるので、自前で仕上げる人も多いですが、インク代がバカになりません。
たくさん作って配る際には、やはり印刷やさんに印刷を頼むと意外と安く、なにより綺麗に仕上がります。
仕上がりの綺麗さは宣伝するお店や商品等のイメージにも直結するので、大事ですよね。
デザインを含むものは校正の回数に応じ高くなりますが、印刷と納品のみお願いすることもできるので、予算に応じて調整できます。
ネットで簡単に、そして安価に受け付けているところが増えたので、利用しない手はないですよ。



フライヤー印刷のデザインから仕上がりまで

何かを宣伝したい時に作るのがフライヤーです。
例えばお店のオープン記念のものであったり、イベント告知であったり、特売のお知らせであったり、何かをする時にフライヤーを作成します。
まずフライヤー印刷をする前に必要なのがデザインです。
その告知内容にあった宣伝文句や文字を入れたり、画像を入れたりしてデザインを考えます。
イベント告知であればいつ、どこで、どんなイベントなのか、入場料の有無などを記載したものを作ります。
そのデザイン作業が終わったらフライヤー印刷会社に入稿をします。
入稿をした後は印刷会社がデザインに不備がないか等のチェックを行ってくれます。
そして色味に問題がないかと色校正をする場合もあります。
数々のチェックを終えたら、いよいよ印刷をします。
印刷会社は注文された枚数を印刷し、それが終わったら宅急便などで注文した人の手元に届けてくれます。



フライヤー印刷はネット通販なら格安で依頼できる

一言で広告ツールといっても様々な種類がありますが、その中でも定番なのがフライヤーです。
ポスティングや折り込みはもちろんのこと、街頭などでも配りやすく、受け取った人は気軽に情報をチェックできるので、高い宣伝効果が期待できると言われています。
フライヤー印刷はネット通販を利用して注文すれば、高品質な印刷を安価で依頼できますので、宣伝広告費を安く抑えたいときは見逃せません。
たとえば、印刷業者が運営するオンラインショップなら、定型サイズはもちろんのこと、変形サイズにも幅広く対応してくれます。
もちろん、安いだけではなく、早さも魅力なので、急ぎのときも安心して注文できます。
また、オンラインショップの中には、二つ折りや三つ折りなど、希望の仕上がりがあるときは、オプションで折り加工を依頼できるところもあります。
希望や用途に合わせて注文できるのも、大きな魅力の一つです。

次の記事へ

カテゴリー